アラサー男、ひたすらもがく

映像を作るのも見るのも大好きな人が、就労移行支援に通いながらの日々を書き残しています。

私の落ち着ける場所は友人達と一緒にいる空間だけ。

f:id:n_kouhei:20190305203004j:plain

↑昔よく見かけたLEDファイバーライトを思わず作りたくなったので早速作ってみました。

 

ちょっとした遊び心も入れてみましたが、少しわかりにくい。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

帰属意識とカウンター

 

就労移行支援でハイペースに通所日数を稼ぐことと、課題と題して外注の仕事をさせられそうな気配をまた感じてきました。

 

今回の就労移行支援事業所は以前通ってたA型事業所併設のところのように利益を出せてないからか、どうしても助成金と外注できる人に課題と題して仕事を振る方法で成り立ってそうに感じます。

 

ただ私のゴーストが

『利用者のパソコンとアプリケーションを使って外注を受けるのはおかしくないか?』

と囁くワケですよ。

 

現状を打開する為の伏線は入所時にいくつか仕込んでいるので、支援員さんの出方次第では状況をひっくり返すかもしれません。

 

なんというか、今回の支援員さん達は聞き上手だし、すごく配慮もしてくれて良くはしてくれるけど、相手の意識を誘導しようとするのが見え隠れします。

 

私自身、集団の中にいることで楽しいと思うと同時に帰属意識が強くなりすぎてないか?と自身に問うようにしています。

 

ただでさえ増薬による疲れがあるのに、なかなか油断できないです。