アラサー男、ひたすらもがく

映像を作るのも見るのも大好きな人が、就労移行支援に通いながらの日々を書き残しています。

トラックマットを画像検索したら、軽トラに敷くマットが出てきた。

f:id:n_kouhei:20190221002824j:plain

今日は、ひたすらトラックマットについて調べていました。

画像検索する際は、aeなどのワードをつけた方がいいかもしれません。

 

トラックマット とは二つのレイヤーを重ねて、

輝度もしくはアルファチャンネルを型として切り抜く機能。

 

トラックマットなし

透明部分は作成しません。すぐ上のレイヤーは、通常のレイヤーとして処理されます。

アルファマット

アルファチャンネルのピクセル値が 100%の場合、不透明になります。

アルファ反転マット

アルファチャンネルのピクセル値が 0%の場合、不透明になります。

ルミナンスマット

ピクセルのルミナンス値が 100%の場合、不透明になります。

ルミナンス反転マット

ピクセルのルミナンス値が 0%の場合、不透明になります。

 

ちょっと自分の理解力が足りないのか、わかりにくかったのでひたすら試してみました。

まずは背景色を変えて、アルファマット

f:id:n_kouhei:20190220142045j:plain

 

次にアルファ反転マット

f:id:n_kouhei:20190220142041j:plain

 

グラデーションレイヤーを用意してのアルファマット

f:id:n_kouhei:20190220142035j:plain

シェイプを利用したアルファマット

f:id:n_kouhei:20190220142030j:plain

 

 

オプティカルフレアを用意してからの

f:id:n_kouhei:20190220142025j:plain

ルミナンスキーマット

f:id:n_kouhei:20190220142111j:plain

 

ルミナンスキー反転マットの写真を用意するのを忘れてた!

 

ともあれ、

トラックマット とは二つのレイヤーを重ねて、

輝度もしくはアルファチャンネルを型として切り抜く機能

 

この説明が一番しっくりきました。

 

----------------------

 

今回はトラックマットをメインにしてたので、まずは海の写真の水平線に合わせて平面レイヤーにマスクを切っています。

 

そして、文字を水平線から出ているようにアルファ反転マットを展開。

f:id:n_kouhei:20190221002744j:plain

 

メインのコンポジションに戻って確認した状態が完成図となります。

f:id:n_kouhei:20190221002807j:plain

 

 

----------------------

 

 

なんだか今回は写真の多いブログになりました。

 

ともあれ、調べて、まとめて、こうやってブログで説明していくのが楽しくなりつつあります。

 

説明するために、より丁寧に覚える感覚みたいなものを感じましたし。

 

事業所の空き時間の間に写真もトップ画像と作り方画像以外はアップしてたので、

すんなりとブログを書けたので、先にできることは空き時間にしてみるのもいいかもしれないと思いました。