アラサー男、ひたすらもがく

ADHD(精神障害者手帳2級)の私が就労移行支援事業所に通う経過についての記録など

来週の就労移行支援でする作業の仕込みは完成。

f:id:n_kouhei:20181001014520j:plain

無いなら作ろう

よく欲しい素材とか、フリー素材で手に入るけれど、実際に自分の好きな感じに仕上げようとするとどうしても自作になるなと。

 

まずはエンボス紙が欲しかったのでPhotoshopで作成。

f:id:n_kouhei:20181001015702p:plain

雲模様で紙の模様の形だったり、エンボスで凹凸の出方や角度をいじったりして遊んでました。

 

After Effects内で完結できないかと試してみたけれど、今のところ方法が見つからないのでPhotoshopを久しぶりに開いてみました。

 

作った後から思ったけれど、mirなら作れるんじゃないかなって。

 

同じ物を作るのに、一つのルートしかないなんて面白みがないよねと独り言を放ちつつ、別のルートも浮かび上がってきましたが、まずは先に完成させるために楽しみを保留しました。

 

 

 

からの、手書き風文字

f:id:n_kouhei:20181001015656p:plain

一度テキストレイヤーをマスクに変換して、落書きのエフェクトで中の線を塗るように描き、線のエフェクトで縁取りをして、縁からややはみ出るように再び落書きのエフェクトで調整してみました。

 

これも、手書き風のフォントがフリーで何個かあるし、Typekitからインストールする手もあるなと考えつつ仕上げていました。

 

 

 

時間に余裕がない時は、フリー素材やフォントを利用するけれど、

そもそもどうやって作られてるか仕組みを理解していないと細かい部分をいじる楽しみを知れないなと思いました。

 

それに、物の仕組みを分解して理解するのが昔から大好きなので、休みの日になると割とこういう地味な作業をついついしていまいます。

 

何よりも、一つのルートがあるなら別のルートの可能性も同時に見つけたくなる衝動を抑えきれないのは相変わらず変わらないままです。

 

 

 

小学生の時に遠足などで一人だけ別のルートで行って、集合場所で他の人を待たせる人っていませんでしたか?

 

 

 

それ、私です。

 

ひとまず次に作りたい動画の企画も決まったし、今日はぐっすり眠れそう。