アラサー男、ひたすらもがく

ADHD(精神障害者手帳2級)の私が就労移行支援事業所に通う経過についての記録など

就労移行支援8日目にして遅刻、そして何事もなかったかのように振る舞う。

f:id:n_kouhei:20180730221303j:plain

今日は投薬するタイミングが遅くなって、就労移行支援に遅刻しました。

もう、現状を周りが把握してくれてるし、気負うことなく盛大に遅刻しました。

最初の面談の段階で日数の調整も含め、薬の副作用のことも話しているし、周りが把握してくれてるということでの安心感はとてもありがたいです。

 

普通なら助成金の関係で出勤日数を増やして、とにかくハンコを集めるのだろうけれど、今の所がそういう感じじゃないということで、かなり気が楽です。

逆に気負わなくていい分、スキルアップに専念できるので、今日もとことんマッチムーブの練習をしていました。

 

 

 

マッチムーブは、映像の合成における機能みたいなもんです。

素材となる映像の動きに対して追尾して文字などをトラッキングさせたりできます。

 

 

特定のポイントを先に決めて動きを合わせる方法と、全体に合成用のポイントを用意して動きを合わせる方法など、他にも合わせる方法があるので以下略で。

今日は、全体に合成用のポイントを作り出してもらう処理をして、そこに文字や絵などをペタペタ貼り付けていました。

 

また脳内で『HUNTER×HUNTER』に出てくるヒソカのバンジーガムとドッキリテクスチャーの複合技みたいだなと、アホなことを考えつつ試行錯誤していました。

 

ともあれ、試行錯誤している間に時間もすぎて、友人のカフェに寄って話し込んで、電車の中で爆睡して、夕方に家で爆睡してしまうことなく今に至ります。

 

 

 

今日を振り返って思ったことをリストアップして見ます。

  • 寝不足だと、周囲の言動や行動でどんな良いこともマイナスに捉える傾向が強い。
  • やはり今の就労移行支援事業所のメンバーが好きだし、会話もできるし通ってて楽しい。
  • 気負わずになんとなくタスクを始めて、調子が良ければ進めるくらいがちょうど良い。