アラサー男、ひたすらもがく

ADHD(精神障害者手帳2級)の私が就労移行支援事業所に通う経過についての記録など

就労移行支援4日目と他力本願からの脱却。

f:id:n_kouhei:20180722105526j:plain

おはようございます。

 

就労移行支援に通い始めて約一週間が経過しました。

体験も含めれば二週間近く経ってるけれど、帰宅しては寝て、また深夜に寝るの生活が続いています。

 

やはりというか、療養期間の間にかなり体力が落ちたことを実感しています。

なので、少しずつ体力回復に向けてプールなりジムをフル活用しようかと思います。

 

 

 

話は変わって、就労移行支援三日目はPlexusのsound effectorについて勉強していました。

音に合わせてprimitiveやpathが連動して動く様を見ていると、心地良くて何度もプレビューして見てしまいます。

 

今回で一通りの基礎を全体的に復習できました。

ブログで記録も残していると、現状何を学んで何を理解して何ができるようになったのかが可視化できて、つくづくブログを始めるキッカケを作ってくださった方へ感謝です。

 

 

 

更に、ところ変わって今通ってる就労移行支援の良い面と悪い面を現状の範囲でまとめてみました。

 

メリット

・ちゃんと起きて、通所して、人と会話できる

・自宅よりも快適なネット環境があり、快適なネットライフと電気代の節約

・定期券のお金が出ることで出かける際の交通費や移動範囲の拡大

・自分の組んだスケジュールでスキルアップができる

 

デメリット

・A型のように賃金が出ないので、金銭的に余裕がない

・ハイスペックPCとAdobe CCがない

・何かわからないことがあっても教えてくれる人がいない分、やめる人が続出中

 

 

 

 

あまりに人が集まらない事業所というのが初めてなので、面接をこっそり聴き耳たててたけれど、A型は特に要求されるスキルなりが厳しい割に、実際にどうスキルを使って収益を上げて事業所をどう維持していくのかというビジョンが見えてないように感じます。

 

HPの更新も去年で止まってるし、twitterInstagramFacebookと宣伝するツールがたくさんあるのに全く活用していないのが不安材料になっています。

 

どこかで潰れたら次に移れば良いやくらいの感覚が見え隠れしている気がします。

 

 

 

と、ブログを書いてるうちに私の他力本願さが顕在化してきたのも同時に実感しています。

 

このまま他力本願を続けたら、結局どこへ行っても他力本願さが抜けない気もするので、金銭的なリターンはないけれど、自分のできる範囲でプロモーション用の動画を作ったりしようかと思います。

と言うか、すでにSNSでのプロモーション用の動画はこっそり作り始めていますが、今は内緒にしています。

 

 

 

画像は、眼球をモチーフに職員さんと利用者さんの視点を頂点で表現して、事業所という居場所を維持していくには多くの維持するポイントを点にし線で繋げる必要があるというのを表現してみました。