浮き沈みの激しいADHDアラサー男のあれこれ

ADHD(精神障害者手帳2級)の私が就労移行支援事業所に通う経過についての記録など

来週から就労移行支援が始まるので

事業所内での自習用動画をMOVからHEVCへエンコードしていました。

自分でしか使わない動画のコーデックを本格的にh.264からHEVC(h.265)に移行することにしました。

 Adobe Media encoderで確認した際も、実際の動画ファイルで確認した際も容量が軽くなってるので、ストレージの圧迫を少しでも回避できたらと思います。

f:id:n_kouhei:20180707200912j:plain

 

そういえば、就労移行支援と言えど、カリキュラムがギッチリ詰まっていて、HP作成コースとかあるところや、お弁当が出るところや交通費全額支給のところもあったりと、明確に何を伸ばしたいのかわからない人向けにコースを充実させる所もありました。

 

正直、お弁当出る所がかなり羨ましい!

それに交通費も全額支給の所も羨ましい!

 

今回のところみたいに予めポートフォリオ(自分の作品集)を見せて、自分自身でカリキュラムを組んで自習するタイプの就労移行支援事業所を求めていました。

 

お弁当と交通費全額支給が羨ましいのは事実ですが、

最終的な着地点は仕事を決めて働くことなので、どういうルートが良いのかを考えたら今の選択に辿り着きました。

 

A型事業所でお世話になった時も、3件中2件は合ったけれど、1件だけ合わない場所があったので、結局は体験なりして自身の目で確かめるしかないように思います。

 

どれだけ周りの評判が良くても、自分自身に合うかどうかなんて入ってみないとわからない。

もちろん、逆もしかり。

 

・自分の性格や病気の特性

・協調性と周りに流されて意見を合わせることが違うということ

・常に自分自身がどうしたいか?という問い

 

繰り返し検証しては失敗しての連続で、そんな中で少しの成功と多くの失敗の中で生きてるのだとつくづく実感しています。

 

 

そろそろエンコードも終わりそうなので、映像と音声の確認をしてタブレットに同期しようかと思います。