浮き沈みの激しいADHDアラサー男のあれこれ

ADHD(精神障害者手帳2級)の私が就労移行支援事業所に通う経過についての記録など

Adobe CCもねぇ、After Effectsもねぇ、講師も聞ける人もいねぇ

とIKUZOネタをタイトルにしてみました(わからない人スマソ

 

今通おうとしてる就労移行支援事業所ですが、基本的には

自分のPCを持ち込み可で、自己学習できて、制作できる人

を募集している感じなので、そこが一番気に入りました。

 

今までに何件も見学してきたものの、低スペックPCで、

なおかつ古いバージョンでのAdobe CS6で作業をする上に、

お金を払ってまでAmazonや図書館で借りれる優良なテキストLinkedinラーニングで気軽に知れる内容のことを教える講師を雇ったりと無駄が多いところが多かったので、そんなところにわざわざ行きたくないなと。

 

そう考えると、引っ越しする前に通ってた前のA型事業所のうち3件中2件は、高スペックPCで仕事させてもらえてたなと。

それに講座も充実してて、気になることはすぐ聞ける状態だったし。

 

今回、なぜ前回や前々回のA型事業所みたいなところを今回の就労移行支援事業所で選ばなかった理由を言うと、

少しでも他者への甘えを捨てたかったから

というのが一番大きいです。

 

・自分自身で調べる力

・できないことをすぐ聞かずに、どうやったら出来るかと考える力

・自分には何ができて、何ができないかを把握する力

 

の三点を重点的に理解したかったというのもあります。

 

と同時に、他力本願の人達が来ない就労移行支援事業所って本音もあります。

 

とまぁ、矛盾やツッコミどころも多いですが、それも含めて私です。