アラサー男、ひたすらもがく

映像を作るのも見るのも大好きな人が、就労移行支援に通いながらの日々を書き残しています。

カラフル (就労移行支援二ヶ月と二週間目が過ぎました)

f:id:n_kouhei:20190316011822j:plain

昔の恋人との再会

 

二人の通う共通のお店で昔好きだった人との再会。

好きだけど、付き合うには向いていなかった。

お互い遊び盛りだし、特定の人とずっといることを求めていなかった。

いや、ただ付き合い続けられない言い訳をしているだけか。

 

独り身でいる事を楽しく感じ始めてからは上っ面の恋だけしかしていないように感じます。

 

だけど、短い間だったけど付き合ったことは良かったと思う。

 

昨日再会した時に、朝まで一緒にいないかと誘いがあったけれど、もう恋愛感情がないまま肌を重ねるのも後で虚しくなりそうだったので、そのまま過去の気持ちもこれから付き合う事がない事も心の中に閉まって『サヨナラ』の挨拶をして別々の道へ進みました。

 

また再会しても、一緒にご飯を食べたりお酒を飲むまでの関係でいられたらと思う。

 

-----------------------------------

 

朝までカラオケ

 

昨日は終電を逃して、夜の街を歩きながらオフィス街を抜け、『私もこういう街に住んで出勤する生活がしたい』と強く思いました。

 

そこから更に歩くと繁華街で黒服と酔っ払った楽しそうなサラリーマンやOL風の男女達を横目に通り過ぎていきます。

 

場所柄、高級店が多いからか、普通のサラリーマンやOL達よりも仕立ての良い服を着てはいるが、立派な大人の服とは対照的に心は学生の頃に戻ったかのように無邪気な笑顔と共に沢山のネオンが輝く看板を掲げた店へと姿を消していく。

 

そのまま若者がどんどん増えていく景色に変わり、大声で歌いながら歩くサラリーマンの後ろを歩きつつ、最終的にいつも通ってるジムの支店でシャワーを浴びて、ヒトカラを満喫しました。

 

色んな人たちがいて、色んな街を歩いて、色んな生き方があっていいんだと思いながら始発の電車の中でブログの下書きをしていました。

 

就労移行支援ですが、それもまた色んな人たちや場所や生き方が混在してていいんだと思います。

 

 

-----------------------------------

 

 

価格以上の価値

 

メガネを新調しました。

JINSのネットでアウトレット価格になる前から欲しかったモデルがあって、ようやく買えました。

 

同じ街で二つのJINSの店舗に行ったけれど、欲しいモデルをスクショした画像を見せたところ1軒目のJINSでは在庫を調べるどころか、ディスプレイに並んだメガネからご自由に選んでくださいと言わんばかりのあしらいを受けました。

 

ただ、店舗が変わればどうなるのか?と気になりました。

 

そこで、同じ駅で1キロほど離れた店舗に行ってみました。

 

そこで先ほどと同じように、このモデルを探してるのですがとスクショの画像を見せたところ、二人がかりの店員さん達で必死になって探していただきました。

 

古いモデルなので、店頭の棚の隅の奥に隠れていて、ようやく見つかった時には嫌な顔ひとつせずに色のラインナップを見せてくれたり、視力測定も徹底的にしてくれた上に、『店舗で買うとアウトレット価格より少し高くなりますがいいですか?』と訪ねてくれたりと、先ほどの店舗とは大違い。

 

一生懸命探してくださった事や、丁寧な対応とアドバイスも含め、その体験と共に新しいメガネとこれから付き合う事になります。

 

ネットで買うとできない体験と、同じチェーン店での違いがある事を知るキッカケもできたし、担当してくださった店員さん達にはたくさんお礼を伝えてお店を出ることができました。

 

 

追記

 

今日の更新は『Stars in the rain / Aimer』を聴きつつの更新でした。

書き留めたブログを見返していると、色々な人の姿や街の光を見ていると観覧車を見ているような感覚になったので、今日の画像は観覧車をイメージしてみました。

 

youtu.be

 

35秒過ぎ辺りから曲が始まります。

 

どうやら今日は風邪っぽいので、ジムにエスケープできないですが、代わりに映画に没頭して朝を迎えようか。

光 (就労移行支援利用二ヶ月と一週目)

f:id:n_kouhei:20190313234738j:plain

加速して全力疾走中

 

おかげさまで以前ブログで書いた就労移行支援で、外注の件は無事に解決しました。

交渉により外注もなくなって、更に良い環境を与えてもらえたので、就労移行支援で現在通ってる事業所のプロモーション用の動画を作り始めたのですが、とにかく今まで学んだことや気になったことはすぐ調べて、出せる力を出せる以上に出して制作しています。

 

自分で言うのもなんですが、かなり力作です。

身バレしたくないので、出せないのが残念ですが、企画から撮影や制作のスケジュール管理をして、その中で悩んだりしつつも作れるのが楽しくて仕方がないです。

ただし、帰宅するとすぐ寝るくらい全力を出してるので、達成感はあるけれど、できれば途中で寝ずに夜まで起きて、夜はスヤスヤーっと寝て朝を爽やかに迎える毎日を楽しみのリストに追加しておこうと思います。

 

最近テンションを上げる時に聴いている一曲を紹介して、次の展開のアイデア出しをしようと思います。

 

magnetosphere - 5th.mov. heliopause

magnetosphere - 5th.mov. heliopause

  • Otoemon-ayahiro SUMI
  • ワールド
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

 

虚像だよ、実像を盛って盛ってハジけたと言いたいだけ。

f:id:n_kouhei:20190310173158j:plain

こんばんは、皆さんは週末いかがお過ごしでしたか?

 

私はというと、土曜日は散歩に出て砂浜でビーチテニスを満喫している人達を眺めながら外に出て新しい刺激をもらうことの大事さを先週に引き続き実感していました。

 

半袖の男女が楽しそうにビーチテニスを満喫してたので、参加したいと同時に、私は寒さでマフラーもコートもまといながら遠目で眺めていました。

 

確かに暖かかったけれど、「まだ寒くない?」と思わず口に出してしまいそうになりました。

 

 

---------------------------

 

圧縮表示とキャッチコピーが目立たない件

 

今回、大してハジけてないけれど、普段行かない場所へ行ってきたのでハジけたという虚像を作り上げようと思って、ブログ用の画像作りをしていたのです。

 

が、モバイルとPC共にブログの一覧表示だと、縦が少し小さくなるのと、サムネイルが小さくなる分、何を伝えたいかを簡略化しないといけないなと考えていました。

 

今回も背景の派手さに対して、文字の印象が弱いと感じました。

それに、文字の内容に対しての背景のオブジェクトのハジけ具合もイマイチで、どうもコレジャナイ感を感じつつ書き出していました。

 

もう一つパターンも作ってみたのですが、可読性(読みやすさ)が低く、キャッチコピーとしては違うのではないか?とも考えていました。

f:id:n_kouhei:20190310175205j:plain

原因は、

派手×派手=何が主題なのかわからない

これが大きな要因だと感じました。

 

ともあれ、今後は積極的に簡単な言語を使用したオブジェクトの操作を重点的に練習できたので良しとします。

f:id:n_kouhei:20190310175622j:plain

 

 

---------------------------

 

 

来週の週末も

 

できればこのペースで、土日のどちらかを遊びに行って、どちらかを次の週に勉強したいことの予習や、就労移行支援での動画作成の前準備として色々と試すような日にしたいと思いました。

 

妙に未だに気分も良いので、今まで月曜日は少し憂鬱になり気味だったけれど、また来週の楽しみがあるだけで大きく違うのかと感じます。

 

書き終わってから思ったのですが、なかなかタイトルが卑屈に感じてしまったのは気のせいだろうか。

 

本人は至って、満喫したのでたまにはいいか。

 

 

---------------------------

 

 

追記 メモ

 

今回のフォント VDL ラインG / 視覚デザイン研究所

 

iPhoneポートレートアプリ

 

極度の接写の場合 Pro Camera > FOCOS

ただし、Pro Cameraは後からDepth of Field (被写界深度)の変更不可。

FOCOSは画角の小ささに注意。

臭い、私が。

f:id:n_kouhei:20190308005432j:plain

 久しぶりに香料入り洗剤での洗濯

 

まぁ臭い、私の服が。

すすぎをしてもダメ、部屋干しなんてもっとダメ。

普段使っているファブリッシュの洗剤をきらして、急遽ドラッグストアで購入して洗い終わった後の祭りでした。

 

急いでAmazonパントリーでファブリッシュの洗剤と柔軟剤を注文しました。

隣の部屋の住人がおそらくダウニーを使用していて、香りが来た瞬間に吐き気を覚えるくらい辛かったのに、なんの教訓も得ていませんでした。

 

部屋の芳香剤も無香空間を使用しているからか、日に日に人工香料に弱くなっていたのかもしれません。

 

と書きつつ、私は香水は使うのですが。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

オトナになってから聴く林原めぐみ

 

子供の頃にアニメの主題歌にハマるキッカケを与えてくれたスレイヤーズ

 

『Give me a reason』はテッパンですが、なぜか劇場版の主題歌になった『Reflection』が妙に好きで、一昨年くらいにitunesで再度購入してから歌詞をちゃんと見たら好きな理由がわかりました。

 

歌詞が幼少期の周りの大人達と重なる箇所が多々あって、子どもながらにオトナになった時、私は当時の周囲の大人達のようになりたくないって気持ちを代弁してくれてたのだと今なら理解できます。

 

まぁ、自分らしく生きるというのはすごく困難だとしみじみ思いながら聴いています。

 

『もっと現実見て生きようよ』と言った人達の顔が葬儀の参列者のようだし、家庭環境に恵まれなかった事や障がいのこととか色々言われたりもするし、他所様のことをとやかく言うのが好きな大人達が多いのかもしれません。

 

ともあれ、元気をもらいたい時や落ち込みそうな時にはどんどん聴いていこうと思います。

 

 

 

私の落ち着ける場所は友人達と一緒にいる空間だけ。

f:id:n_kouhei:20190305203004j:plain

↑昔よく見かけたLEDファイバーライトを思わず作りたくなったので早速作ってみました。

 

ちょっとした遊び心も入れてみましたが、少しわかりにくい。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

帰属意識とカウンター

 

就労移行支援でハイペースに通所日数を稼ぐことと、課題と題して外注の仕事をさせられそうな気配をまた感じてきました。

 

今回の就労移行支援事業所は以前通ってたA型事業所併設のところのように利益を出せてないからか、どうしても助成金と外注できる人に課題と題して仕事を振る方法で成り立ってそうに感じます。

 

ただ私のゴーストが

『利用者のパソコンとアプリケーションを使って外注を受けるのはおかしくないか?』

と囁くワケですよ。

 

現状を打開する為の伏線は入所時にいくつか仕込んでいるので、支援員さんの出方次第では状況をひっくり返すかもしれません。

 

なんというか、今回の支援員さん達は聞き上手だし、すごく配慮もしてくれて良くはしてくれるけど、相手の意識を誘導しようとするのが見え隠れします。

 

私自身、集団の中にいることで楽しいと思うと同時に帰属意識が強くなりすぎてないか?と自身に問うようにしています。

 

ただでさえ増薬による疲れがあるのに、なかなか油断できないです。

 

人前で大恥を晒した結果

f:id:n_kouhei:20190304024121j:plain

こんばんは。

みなさん週末はどうお過ごしでしたか?

 

私はというと、久しぶりにお酒を飲んで、

帰りの電車で沢山の視線を集めながらひたすらカバンの中に虹色の放物線を描いていました。

まだカバンを綺麗に掃除できていないので、明日の朝水洗いしてベランダに干そうかと思います。

 

公共の場で沢山の大衆の面前で迷惑かけて大恥かいて思ったこと。

 

『もう周りの目を気にしてしまうのをやめよう』

 

と。

 

同時にこの曲がずっと頭の中で響いていました。

 

Witch

Witch

  • provided courtesy of iTunes

 

思い当たる節が多々あるから思わず目を背けたくなるような歌詞が次から次へと続く一曲です。

 

『キミはどうしたいんだい?』

と、聴くたびに何度も何度も問われているように感じる一曲です。

 

それに今回の件を踏まえて、月に二回くらいはバカになる日を作ろうと思いました。

 

さすがにカバンを汚さない方法でバカになりたいと思います。

開き直ってカッコつける

f:id:n_kouhei:20190228034725j:plain

 

DEPARTURES 

 

久しぶりにglobeのこの曲を聴いています。

 

華原朋美が歌う映像もあって、少し感慨深くなりました。

 

ともちゃんが歌うと、まるでともちゃん自身の体験を通じて決意を込めた情景が浮かぶ聴き方ができる。

KCOが歌うと聴き手に解釈の余地を与えてくれて、それぞれのストーリーを想像させてくれる良さを感じます。

 

 

 

同じ曲だけど、未だに色褪せない一曲です。

 

youtu.be

 

——————————————————————————————-

 

Eye / SEKAI NO OWARI

とうとうリリースされました。

 

早速、Re:setはすぐにitunesで購入。

何気に同アルバムに収録されているfoodもなかなか好みである。

 

音楽性が変わると同時に、『昔の方が良かったね』と捨て台詞をはいて去る元ファン。

 

バンドのファン層も変化してしまうジレンマと、それでも自分達の在り方さえしっかりして、様々な音楽に挑戦していくスタイルを貫き通す覚悟が伝わる一曲でした。

 


SEKAI NO OWARI「Food」

 

———————————————————————————————————

 

お一人様で部屋を独占

 

以前、面談の時にストラテラの副作用の辛さを話して、今回増薬しました。

 

すると支援員の方がストラテラの投薬量が増えてから以前よりも気にかけて下さって、いつでも休んだり寝たりできるようにと事業所の個室を貸して頂ける事になりました。

 

ただ、結局スキルアップの勉強しつつ、事業所のプロモーション動画を作ってて休めてない。

 

多分、もう勉強したり制作するのが習慣化してて、ボーっとしててもやってるのがデフォルトになってる気がします。

 

休憩時間はしっかり休憩してるので、ボーっとしつつマイペースにやっていこうと思いました。

 

と、少し涼しい書き方をしましたが本音を言えば、

 

できることもできないことも、とにかく全力で取り組みたい!

 

という泥臭い本心が含まれています。

 

 

 

そういえば、私のブログのタイトルが

『アラサー男、ひたすらもがく』

ですし。

 

時々、涼しい姿を見せたがる時も多々多々ありますが、実際は泥臭いながらも元気にやっていますよと伝えていけたらと思います。